Macを安くお得に買いたい!購入方法とメリット・デメリット、検討して私が一番現実的だった購入方法【体験談】

こんにちは、YOKKOです。

最新のM2チップ搭載Macが登場して、M1チップのMacが安くなるのかと思いきや、なんと値上げ!
超ビックリですね…

M2チップは、M1チップと比べてCPU性能18%高速化、GPU性能35%高速化、ニューラルエンジン性能40%高速化していて、4Kや8Kのビデオストリーム編集でさえラクラクな性能とのこと。

しかし個人的には、Adobe CCを使ってWEBデザインや日常的にネットをみたりするぐらいならM2チップはオーバースペック。新しくMacを購入するならM1チップと感じています。

困ったちゃん

新しいMacを購入したいけど、値段が高い…
少しでも安くお得に買える方法あるのかな?分割支払いできると助かるけど手数料かかるよね?

YOKKO

YOKKOも同じ悩みがありました。でも2022年2月に念願のMacBook ProをApple公式オンラインストアで購入しました。購入にあたり調べてみると、希望条件によって安く購入する方法が変わることがわかりました。

Apple製品はMacBook Pro/AirやiPadなど旧モデルや中古品でない限り、販売価格が大きく下がりません。これはAppleのブランド戦略ですね。

Macを安くお得に買いたいと思って、購入方法とそれぞれのメリット・デメリットを調べました。
そしてYOKKOが一番現実的と判断し、Apple公式オンラインストアでの「下取りあり」でMacBook Proを購入しました。

その体験を元にお伝えしたいと思います。
購入前の検討材料にしていただければと思います。

この記事ではこのようなことがわかります
  • Macを安く買う方法
  • Macの購入方法とそれぞれのメリット・デメリット
スポンサーリンク
目次

現実的だったMacbook購入は「安い・安心・無理なく」が揃ったから

YOKKOが購入したのは、アップル MacBook Pro 14インチ Apple M1 Proチップ搭載モデル
[2021年モデル/SSD 512GB/メモリ 16GB/8コアCPUと14コアGPU ]シルバー

2022年4月時点では、239,800円 (税込)
※M2チップ搭載Macbook Proが登場し、2022年6月30日時点で274,800円 (税込)と35,000円も値上がりしています。

YOKKOが購入したのはこちら↓

YOKKOの購入したMacbook
YOKKOの購入したMacBook Pro 14インチ MKGR3JA
YOKKO

YOKKOの場合、Abode CCを使いますが、16GBのメモリ・14インチディスプレイのスペックで問題ありませんでした。

YOKKOの購入希望条件

  • 最新MacBookをできるだけ安く購入したい
  • 購入にあたりスペックの他、質問・相談したい
  • 既存のMacBook Proの下取りをお願いしたい
  • 初期不良や返品があった場合、スムーズに手続きできる
  • 一括は厳しいけど分割手数料0円だと嬉しい

これらを満たしてくれるのが、Apple公式オンラインストアでの「下取りあり」での購入でした。

スポンサーリンク

Macを安く買う6つの方法

Macを買うには大きく分けて以下6つの買い方があります。

  1. Apple公式オンラインストアで下取りありで買う
  2. Apple公式オンラインストアの整備済製品を買う
  3. Apple公式オンラインストアの学割で買う(学生・教職員のみ該当)
  4. Amazonで買う
  5. 大手家電量販店で買う
  6. 中古品を買う
YOKKO

それぞれメリット・デメリットがあるんです。また新品で買う場合、一括で購入できるのか分割にしたいのかで変わってきます。

【1】Apple公式オンラインストアで「下取りあり」で買う

この方法が、YOKKOとしては一番現実的な方法と判断して購入しています。

Apple公式オンラインストアは定価だから高いと思われがち。
でも「下取り」を使うと安く購入できます。

また、フリーダイヤルでスペックやカスタマイズの相談することもできたので、とっても有り難かったです。

困ったちゃん

メーカーのサポートセンターってなかなか繋がらないんじゃない?

YOKKO

そんなことはないです。割とスムーズに繋がります。
YOKKOが電話してみたところ2〜3分ぐらいで繋がりました。

一番YOKKOに合うモデルの購入や配送についての疑問やスペック、既存のMacBook Proの状態についても相談することができました。

Appleサポートセンターの電話は以下になります。
0120-993-993(月曜日〜金曜日の午前9時〜午後9時、土曜日、日曜日の午前9時〜午後6時)

下取りは、機種・年代など製品別にもよりますが、以下が目安になります。(↓2022年7月5日時点の場合)

YOKKO

YOKKOが購入検討した時のMacbook Proの下取り目安は67,000円でした。意外と高く下取りしてくれると嬉しくなりました^^

下取りはサイトからスムーズに行える

手順は「下取りを開始」のリンクから、質問と答えを入力していく形で進めます。

下取り手順
MacBook下取り手順(2022年2月購入時点、YOKKOの場合)
下取り手順
MacBook下取り手順(2022年2月購入時点、YOKKOの場合)

下取り査定に必要な情報を入力または選択または入力していきます。

Apple 下取り査定
Apple 下取り査定

簡単に支払い見積もりが表示される

YOKKOの場合は、MacBook Pro i7 2.6GHz 15インチ(Late 2016)でこの時の下取り額は、28,000円。
Paidyあと払い24回分割手数料なしで購入することができました。※Paidyの審査あり

Mac支払い
Paidyの支払い見積もり(2022年2月購入時点、YOKKOの場合)
YOKKO

5年フルに使ったMacBook Proでも28,000円は正直うれしい。
毎月10,000円くらいなら現実的だし、損した感はないです。残額が少なくなったらまとめて支払えばいいしと思いました^^

Paidyはスマホアプリの登録時、デフォルトがコンビニ払いです。
「コンビニ」払いだと手数料が発生するので、口座振替に変更しておくと手数料がかからず自動で引き落とししてくれます。

Paidyを使いたくない場合でも、支払い方法にオリコカードのショッピングローンを使うことで、分割手数料0円で購入することができます※オリエントコーポレーションの審査あり

支払いにオリコカードのショッピングローンが使える
支払いにオリコカードのショッピングローンが使える

またもっとお得に購入したい場合、少し長期計画でApple Gift Cardで支払うという方法もあります。
こちらについては↓以下にまとめてあります。

下取りMacBook Proの配送

メールにて配送するための宅急便の集荷依頼の日時を設定するメールが届くので、そちらに従って設定します。

下取りのMacの配送期限は、新しいMacが届いてから14日以内とあります。
しかしAppleカスタマーサポートに連絡したところ最長は3週間(21日)です。

下取りキットとありますが、伝票の用意はありますが梱包材などは自前で用意が必要でした。。

初期不良やなんらかの事情で返品する場合

実は2021年11月に一度購入しているのですが、届いた新Macは旧Macからのデータ移行が何度トライしてうまく行かず、初期不良でした。。
そのため返品をお願いしました。

フリーダイヤルで状況を説明し、マイページの注文番号からカンタンに手続きできました。
この時、データ移行はできていなかったもののネット環境、サブスクのAdobe CCなどインストールしていました。

基本的に返品にあたって「Macを初期化」する必要があります。
返品だけでなく、下取りや買取に出す場合も必要

Mac を売却または譲渡したり、下取りに出したりする場合は初期化が必要です。

引用:Apple公式サイト

「Macの初期化」はiphoneを初期化するより手間もかかるし時間もかかります。
(状況にもよりますが、だいたい40〜60分かかります)

問い合わせ時に、Appleのスペシャリストから、「こちらで初期化も承ります」とのこと。

YOKKO

YOKKOは結局、返品前に「Macの初期化」を終わらせましたが、時間がない場合やわからない場合は「初期化」してくれるのは嬉しい。

Macを返品時、支払い方法にPaidy分割払いを選んでいる場合、Paidyの1回目の引き落とし・支払いがあっても返金はありません
Paidy側に保留されている形なので、他の支払いなどに充てられます。返金をお願いしたい場合は別途問い合わせが必要になります。

Apple公式オンラインストアで「下取りありで購入」のメリット・デメリット

メリットデメリット
下取りで割引価格(状態による)

下取りの配送手配の代行
お試しでも返品可能
セットアップ済みでも返品できる

返品時の配送手配の代行
配送が2〜3週間かかる場合がある
下取りMacの梱包材の用意が必要(新品Macの箱でも可)
本来はMacの初期化が必要(Appleのサポートで初期化の相談ができていればしなくてもOK)
Apple公式オンラインストアで下取りありで購入のメリット・デメリット

購入前にポイントゲットをするとお得になります。メリットしかないので、是非実行されることをおすすめします。
手順は↓以下にまとめました。

そのうち購入するならApple Gift Cardでチャージをしつつ、楽天ポイントを大量にゲットする方法もあります。
こちらは↓以下にまとめてあります。

【2】Apple公式オンラインストアの整備済製品を買う

整備済製品は一度購入されたが、なんらかの理由により返品されたものが対象。
新品と同様の機能上の基準を満たすため、全項目試験と入念な再整備、クリーニング・チェックが行われます。

Apple Careとは別に1年間の製品保証90日間の無償テクニカルサポートがつく。
さらに専任スペシャリストによる修理サービスやサポートをワンストップでうけられるので、
新品で買うよりも安心かもしれません。

ただし、欲しい機種が毎回あるわけではないので確認が必要です。

Apple認定整備済製品はすべて、新品のApple製品と同様の機能上の基準を満たすため、全項目試験を含む厳格なプロセスで再整備を受けています。整備済デバイスはまったくの「新品同様」で、新品と比べて最大15%引きの特別価格で購入できます
引用:Apple公式サイト

整備済み製品がどのくらい安いのかというと…

16インチMacBook Pro [整備済製品] 10コアCPUと16コアGPUを搭載したApple M1 Proチップ – シルバーだと
通常価格は338,800円(税込)ですが、42,000円も安く出ていました。(2022年7月5日時点)
※毎回この価格ということはないので、確認が必要です。

整備済製品の例
整備済製品の例
YOKKO

整備済製品はサイトにアップされるとすぐになくなってしまいます。考えている余裕はないです。

Apple公式オンラインストアで「整備済済製品を買う」時のメリット・デメリット

「中古品?」と思われそうですが、しっかりクリーニングや整備をされているので、新品そのもの。
安く購入できる上、ポイントの対象にもなるので、欲しい機種だったら速攻購入した方がいいです。

メリットデメリット
厳しい品質基準に沿った整備を実施しているので新品より安心
最新機種でも10〜15%安い
1年間の保証と90日間のテクニカルサポート付き
Apple Careも入れる
返品時の配送手配の代行

お試しでも返品可能
Paidyが利用できない
下取りプランは使えない
欲しい機種がいつでもあるわけではない
ギフト包装が利用できない

ここで言う「ポイントの対象」については↓以下にまとめてあります。

そのうち購入するならApple Gift Cardでチャージをしつつ、楽天ポイントを大量にゲットする方法もあります。
こちらは↓以下にまとめてあります。

【3】Apple公式オンラインストアの学割で買う(学生・教職員のみ該当)

学生の方や教員の方なら「学生・教職者向けストア」が利用できます。

対象条件
  • 大学、高等専門学校、専門学校の学生とそのご両親(もしくは進学が決まっている場合も含む)
  • 大学、高等専門学校、専門学校の教職員(もしくはPTAの役員)

どのくらい安くなるの?というと…

MacBook Pro 14インチ 8コアCPU/14コアGPU/16GBユニファイドメモリ/512GB SSDストレージなら
通常価格は274,800円 (税込)ですが、21,000円も安く出ていました。(2022年7月5日時点)

MacBook Pro 14インチ 10コアCPU/16コアGPU/16GBユニファイドメモリ/1TB SSDストレージなら
通常価格は344,800円 (税込)ですが、28,000円も安く出ていました。(2022年7月5日時点)
学生、教職員の特権ですね。

Apple公式オンラインストアで「学割で買う」時のメリット・デメリット

「学割」対象なら、安く購入できる上、ポイントの対象にもなります。
最新機種も対象なので買った方がいいです。

メリットデメリット
下取りで割引価格(状態による)
下取りの配送手配の代行がある
お試しでも返品可能
セットアップ済みでも返品できる
返品時の配送手配の代行
配送が2〜3週間かかる場合がある
下取りMacの梱包材の用意が必要(新品Macの箱でも可)
Paidyが利用できない
整備済製品は対象外

ここで言う「ポイントの対象」については↓以下にまとめてあります。

そのうち購入するならApple Gift Cardでチャージをしつつ、楽天ポイントを大量にゲットする方法もあります。
こちらは↓以下にまとめてあります。

スポンサーリンク

【4】Amazonで買う

Amazonでは最新MacBookをはじめ旧機種のMacやiPadが販売されてます。
上記大手家電量販店同様、Appleと委託販売提携しているので安心です。

Amazonの魅力は、なんといってもポイント。
Amazonチャージ(2.0% or 2.5%) + Amazonポイント(1〜5%) = 最大7.5%」で安く買うことができます。
Amazonポイントの還元率はセールなどで変動しやすいので確認が必要です。

通常時なら1%のポイント還元率。
それに加えてAmazonチャージをすれば2.0%、プライム会員なら2.5%
これを利用しない手はないです。

Amazonチャージとは、現金やクレカからAmazonのアカウントにポイント追加される仕組み。

100円から50万円まで1円単位で金額指定ができます。
※一定金額を下回った際に設定した一定金額を自動でチャージできるオートチャージ機能もあり。

例:90,000円チャージだと、
プライム会員なら2,250円分のポイント追加で合計92,250円
通常会員なら1,800円分のポイント追加で合計91,800円

YOKKO

Amazonのレビューには悪いコメントもいくつかありますが、YOKKOは普通にチャージできました。心配なら1,000円チャージするなど試してみると良いかもしれません。

[2021年モデル/SSD 512GB/メモリ 16GB/8コアCPUと14コアGPU ]シルバー
¥274,800 (2022/07/06 05:42時点 | Amazon調べ)

上記、アップル MacBook Pro 14インチ Apple M1 Proチップ搭載モデルなら、
5%還元ポイントは13,740pt = 13,740円
プライム会員で90,000円をAmazonチャージした場合、2,250円のポイント還元
合計15,990円のポイント還元になるということに。

あと払い (ペイディ) を利用して決済を行うたび金額から最大5%分 (小数点以下切捨て) のポイント還元されるので、工夫次第では安くお得になりますね。

しかも在庫があれば、アマゾンプライムなら翌日無料配送

ただし、下記の注意書きがあります。

【ご注意】
「Amazon.co.jp が販売、発送」を行っている本商品については以下をご確認ください。
※本商品については、お客様都合による返品・交換は承っておりません。
※本商品は保証書が発行されておりません。配送時添付の納品書が保証書の代用となりますので大切に保管してください。
※本商品のサポートは、初期不良含め全てメーカーサポートで承っております。商品のサポートに関するお問い合わせは下記サポートにご連絡ください。
Apple サポート電話番号:0120-277-535

引用:Amazon

返品・交換が可能のAmazonですが、Macの場合原則返品ができないのです。

Amazonで購入する場合のメリット・デメリット

メリットデメリット
Appleと委託販売契約があり安心
ポイントが貯まる・使える
在庫があれば早い
製品のお試しができない
パッケージ開封後は原則返品不可
初期不良の場合でもApple Careでの修理扱いになる
カスタマイズ注文ができない
スポンサーリンク

【5】大手家電量販店で買う

ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機、コジマ電機といった大手家電量販店は、現物限りや旧モデルなら値下げされることがありますが、最新MacBookの大幅値下げは基本ありません。
※実店舗とオンラインショップがありますが、この記事ではオンラインを中心にお話します。

オンラインショップでMacBookを調べてみたところ、5%の還元になっています。

普段利用している家電量販店でポイントが溜まっていれば、購入に充てられるという点。
これは大手家電量販店で購入する最大のメリットです。

ビックカメラ.comのページ
ビックカメラ.comのページ
ビックカメラ.comのページ
ビックカメラ.comのページ
困ったちゃん

ポイントは嬉しいけど20万超え、、、一括は厳しいなぁ…

支払いする時にネックになるのが値段。
一括で払えるならともかく、分割で支払いたいというニーズもありますよね。

YOKKO

家電量販店ならではの分割支払いがあるのです。それを利用すると手数料無料で購入できます。

手数料無料のショッピングローン

1つめのパターンは、手数料無料のショッピングローン
ビックカメラやコジマ、ソフマップでは、分割36回まで手数料無料のショッピングローンが使えます。
※クレジット会社の審査あり
※実店舗と手数料率が違う場合があるので注意が必要。

以下はビックカメラ.comの例(↓2022年4月11日時点の場合)

ビックカメラで利用できるショッピングローン
ビックカメラで利用できるショッピングローン
YOKKO

YOKKOの買い替え前のMacBook Proは、5年前にビックカメラ有楽町店で分割18回手数料無料で購入しました。前からこのプランあるんですよ。

ソフマップの場合は、JACCSショッピングクレジット分割払いで最長36回まで無金利というプランがあります。
※JACCSの審査あり

Macアップグレードプログラム+2年プラン

2つめのパターンは、ビックカメラのMacアップグレードプログラム+2年プランという残価設定クレジットという方法です。
※ビックカメラ.com利用の場合は「2年プラン」のみ

Macアップグレードプログラム
Macアップグレードプログラム
Macアップグレードプログラム
Macアップグレードプログラム

MacBook Pro 14インチ MKGR3JAを購入した場合のシュミレーションが以下になります。

2年プランの24回の分割が終わったあと、Macを下取りにするので残価と下取り額が同等なら、
この方法がぶっちぎりに安い
ということになります。

Macアップグレードプログラムシュミレーション
Macアップグレードプログラムシュミレーション
Macアップグレードプログラムシュミレーション
Macアップグレードプログラムシュミレーション

2年プラン 分割合計 193,100円
4年プラン 分割合計 217,100円
※残価を含めない場合の金額

しかも「1%ビックポイント」がついてくる。

月々の費用負担が少ないよりも長期間支払いすることに抵抗がある場合は、Paidyプラス後払い3回分割手数料なしが利用できます。

大手家電量販店でMac購入のポイント還元と便利な支払い方法一覧

店名ポイント還元便利な支払い方法
ビックカメラ
(ビックカメラ.com)
5%
店舗の場合は支払いクレカによって違う場合あり
アップグレードプログラムは1%
オリコショッピングローンで
36回まで手数料無料
※店舗とオンラインと条件が異なります

アップグレードプログラム
残価設定クレジット
(2年・4年プラン)

Paidyプラスで分割手数料なしの
3回後払い
ソフマップ5%プレミアムCLUBクレジットカード会員限定でJACCSショッピングローンで36回まで手数料無料
ヨドバシ.com
(ヨドバシカメラ)
5%時期によって分割手数料無料
キャンペーンがある。
→ 現在はない
ヤマダウェブコム
(ヤマダ電機)
5%Paidyプラスで分割手数料なしの
3回後払い
コジマネット
(コジマ電機)
5%
店舗の場合は支払いクレカによって
違う場合あり
オリコショッピングローンで
36回まで手数料無料
※店舗とオンラインと条件が異なります

Paidyプラスで分割手数料なしの
3回後払い

大手家電量販店で購入するメリット・デメリット

メリットデメリット
Appleと委託販売契約があり安心
ポイントが貯まる・使える
実店舗の場合、実物を確認しながら詳しい店員さんに質問できる
製品のお試しができない
パッケージ開封後は原則返品不可
初期不良の場合でもApple Careでの修理扱いになる
一部の店舗ではカスタマイズ注文ができない場合がある
実店舗の場合、交通費がかかる
スポンサーリンク

【6】中古品を買う

中古のMacを狙うなら、大手の中古ショップがおすすめです。

ソフマップはビックグループで歴史のあるショップなので、安心して利用できます。
中古だけでなく、新品もあるので実店舗の場合、色々相談できるのが強みです。

パソコン・スマホ・PCパーツ 何でも揃う
YOKKO

だいぶ以前に店舗にて相談して購入させていただいたことがあります。

YOKKOは、iphoneをメルカリで購入したことがあります。
出品者と落札者の認識の違いがあり、交渉など面倒だったので個人的におすすめできません。

例えば、出品者が「小キズ程度」と言っていた状態が、手元に届いてみると小キズレベルではない傷がありました。

大手の中古ショップなら状態に合わせてランク付けや整備・除菌などしてくれる店が多いので、
フリマやYahooオークションを利用するより安心です。

販売店によっては、販売店保証をつけてくれていることも。
フリマやYahooオークションにはないサービスが多々あります。

調べてみるとこんなショップがあるようです。

業歴20年超えの老舗中古パソコン専門店【PC WRAP】
業界最長の3年間の長期保証が無償で付帯。到着1週間後以内であれば返品可能のお気楽返品サービスを提供。
Mac、iPadなどのAPPLE製品の他、パソコン関連を長期保証付きで常時400種4000台を販売中。
東証一部上場企業であるSHIFTのグループ会社、SNCにより運営されており安心。

中古パソコンショップ 【Be-Stock】
中古パソコンの持つ『当たり外れがある』という特性を、『丁寧なサポート』という形で代えているショップ。
6ヶ月間の長期保証で万が一の故障の際でもフレキシブルに対応。購入後も購入前でも丁寧なカスタマーサポートがある。
万が一相違があればもちろん返品交換可能の対応もあり。

まとめ

Macを安くお得に買うパターンは以下目的と状況になります。

一括で購入できるなら
  1. Apple公式オンラインストア整備済製品をチェックして欲しい機種があれば即購入
  2. いつも利用している大手家電販売店で購入
  3. Amazonのキャンペーンとチャージを利用して購入
月々の負担を抑えた分割を利用したいなら

ビックカメラ.com(ビックカメラ)のMacアップグレードプログラム 2年プラン

月々の負担を抑えた分割かつ初期不良などのリスクに備えたい+下取りがある場合

Apple公式オンラインストアの下取りありプラン、Paidyまたはオリコショッピングローンで24回分割手数料なし

少しでも参考になれば嬉しいです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ
トップへ
目次
閉じる